machi-ya_logo

株式会社メディアジーン(本社:東京都市渋谷区、代表取締役CEO:今田 素子)と株式会社新東通信(本社所在地:名古屋市中区、代表取締役:谷喜久郎)が運営する次世代型マーケットプレイス「machi-ya(マチヤ)」にて、2017年6月16日(金)より越境ECがスタートいたしました。

これまで「machi-ya」では、厳しい審査を経て取り扱いを開始した商品をメディアジーンが運営する11メディアブランドのコアな読者(ユーザー)に向けて情報を発信することでECでの商品購入や、クラウドファンディングでのプロジェクト成立を促進してまいりました。また、それらの情報が海外まで拡散し海外から大量オーダーにつながるというケースの増加に伴い、さらなる海外への情報流通の確立に着手。その結果、「machi-ya」の多言語化(英語・中国語繁体字・中国語簡体字)実装および海外メディア(または日本情報発信事業者)との提携に至った次第です。

<越境施策 第一弾>
■ 対象国
台湾
■ 実施内容
提携メディアによる現地語での商品紹介およびmachi-yaへの流入施策
■ 提携先情報
「日本必買.com」(http://日本必買.com/
2014年6月の運営開始から台湾に向けて日本の商品やサービス、観光地などの情報を毎日発信している。掲載記事は1200を超え、度々台湾のメディアにも取り上げられるなど、訪日台湾人の旅行ガイド的存在として多くの支持を得ている。

<越境施策 第二弾予定>
■ 対象国
中国
■ 実施内容
インフルエンサーを起用したライブ配信による、日本製品の紹介
■ 提携先情報
ENGAWA株式会社(http://engawa.global/
提携企業情報: 1970年発行のTokyo Weekenderの発行やジャパンブランドをプロデュースする「OMOTENASHI Selection」の運営など、日本ならではの価値ある対象を伝え、届ける、仕組みを創造する会社です。

越境の第一弾として上記の海外メディアと提携。今後は「日本必買.com」での定期的な情報露出によって台湾生活者へのリーチを深めるとともに「ENGAWA株式会社」の協力を得て、その他の国へも「machi-ya」の商品をリーチしていきます。

さらに今後は欧米をはじめ、さまざまな地域のメディアとの提携で拡大を予定し、クラウドファンディング案件の越境も実施する予定となっています。特にグローバル向けのクラウドファンディングは情報流通に課題が多く、日本企業が苦労する現状も多いため、「machi-ya」および当社が持つメディアパワーとリレーションを活かすことでこのような課題を解決できると考えております。

▼出店者・クラウドファンディング起案者を募集中
「machi-ya」での出店、クラウドファンディングの実施を希望する方、または出店に興味のある方は、下記エントリーURLよりお問い合わせください。
【エントリーURL】 http://machi-ya.jp/entry

■「machi-ya」(http://machi-ya.jp/
「新しい価値が集う場所」をコンセプトに、EC・求人・クラウドファンディングを一体化したマーケットプレイスです。好きなモノ・コト・ヒトと生きる人々が集い、“新しい価値”を発見し、ともにつくり出す場を提供します。

【本件に関するお問い合わせは下記まで】
■株式会社メディアジーン 担当:芹澤
Tel:03-5784-6702
Fax:03-5784-6722
Mail:pr[a]mediagene.co.jp
※[a]を@に変換のうえ、お問い合わせください。